四九市共栄会

団体名 
 四九市共栄会

代表者名
 犬飼 正雄

団体の活動(目的・内容など)
 現在の四九市市場は 昭和29年より富洲原地区及び周辺の人々でにぎわう青空市場であり、
 地区特産物を中心に4と9の日に開かれ、人々の憩いの場として重要な催しであります。
 松原連合自治会管理の中、四九市委員会(年2〜3回協議)提言事項及び申請団体(自治会、
 四九市委員会)の指示に従い、交通安全、地域住民の目線に立って出店することに心掛け
 ています。

主な活動場所・活動日
 7号道路上(歩道含む)
 各月の4日、9日、14日、19日、24日、29日及び12月度に限り30日と31日が追加出店
 (1店〜3店)されます。

地区の皆さんにお知らせします。ぜひ三重テレビをご覧ください。5/9情報。
5月14日(日曜日)に三重テレビ、ゲンキ! みえ!で四九の市の様子が放送されます。夕方6時15分〜6時30分

地区広報とみすはら に掲載された写真

DSC_0471.JPG




















平成28年度の年間行事・予定
 出店23店舗 
 各月の4日、9日、14日、19日、24日、29日及び12月度に限り30日と31日が追加出店
 四九市委員会(年2〜3回協議)

四九の市晴れ

<strong>四九の市</strong>(広報).png

 【来てくんな】【見てくれな】【買ってちょうだい】
 「四九の市」は富洲原地区の人たちはいうにおよばず近郷の人々でにぎわう
 ショッピング広場です。オンバをおした老人から幼児まで、「来たかね」
 「又会ったね」これが市場の会話です。
 そこには温かい人情があり、開放的な買い物広場で散歩をかねた憩いの場となり、
 威勢の良い対面販売は地区の風物詩となり素朴の中に明るさと活気に満ちあふれた
 青空市場として定着しています。

 四九の市(写真).png
 







夏まつりin富洲原2017
2017年7月22日17時〜21時開催!
Enterprise Communications